TOP > 学園案内 > ごあいさつ

  • ごあいさつ
  • 5つのコンセプト
  • 施設紹介
  • 生徒寮紹介
  • 行事予定
  • 部活動紹介
  • アクセス
奨学生制度
志を高く、全力で学ぶ
 

「家族的愛のもと、いかなる時も理性を持って堅実に思考し、正しく行動する社会人を育成します。」これが熊本マリスト学園の教育理念です。
家族的愛とは、親があるがままの我が子を受け入れる姿、また子が親を信頼して自分の全てを委ねる姿を指しています。マリスト学園では先生方はあるがままの生徒を受け入れ、それに応えて生徒たちは先生方に全幅の信頼を寄せる“家族的愛”のもとでの教育活動を目指します。マリスト学園には生徒の皆さんの可能性を引き出し、伸ばす様々なステージとフィールドが準備されています。それらを自らの意志と行動力とでしっかりと捉え、成長の機会にしてほしいと願っています。
全てのマリスト生がいかなる時も理性を持って堅実に思考し、正しく行動する社会人となることを願い全人教育に努めてまいります。


熊本マリスト学園
中学校・高等学校
校長
松山 秀峰
聖シャンパニア神父
創設者 聖シャンパニア神父(1789~1840)
フランス革命の年に、フランスのリヨン近郊マールに生まれたシャンパニア神父は、当時の荒廃した世相を憂え、カトリック精神に基づいた青少年教育の必要性を痛感し、1817年にマリスト教育修道士会を創設しました。
その深い信仰と精神力により修道士会は発展、現在では70数カ国に700校のマリスト校を擁するに至りました。1999年にはローマ教皇により聖人に列せられました。
校訓 信・望・愛

教育理念

熊本マリスト学園は、高遠なるカトリック精神、およびマリスト教育修道士会の教育理念に基づき、「家族的愛」のもと、いかなる時も理性を持って堅実に思考し、正しく行動する有為な社会人を育成する。

教育方針

校訓「信・望・愛」の精神に則り、あらゆる教育活動を通して人格の陶冶に努めるとともに、知的、道徳的、宗教的また社会的に調和のとれた全人格的な人間の形成を目指す。